展示

珍品キャビネットを表現:シーボルトと慶賀の関係に着想を得て

2023年9月15日から2024年8月18日まで

4 Wooden Narratives by Carole Baijings in collaboration with Akihiko Maeda photography by Shinji Otani

2023年9月15日から2024年2月18日まで。
木彫オブジェと絵画をパノラマルームにて展示いたします。大阪の彫刻師前田明彦とオランダのデザイナーカロール・バイエンスが、日本の伝統的な彫刻技術とオランダのモダンなデザインを融合させました。シーボルトコレクションを彩る川原慶賀(1786-1860) やその師石崎融資 (1768-1846) のアイコニック絵画を媒体を変えて、ここに再現いたします。

このプロジェクトはシーボルトと川原慶賀の関係に着想を得たものです。慶賀は1820年から1830年にかけてオランダ人のために数百の絵画を制作しました。このうちもっとも多いのがシーボルトから依頼で制作した絵画です。 日本の植物・動物・日常品などを蒐集を目的としたシーボルトにとって、絵師慶賀は書かせないパートナーでした。「カメラを持たない写真家」と評される慶賀は、シーボルトのために日本人の日常生活を描きました。

この展覧会では、バイエンスと前田は木材を表現媒体に選びました バイエンスの蛍光色使いと前田の精巧な木彫技術で、出島に所狭しと建つ家屋、かわいらしいイルカ、黄金のユズなど慶賀や融資の作品が3Dオブジェとして見事に再現されています。

前田明彦

大阪生まれの前田明彦は子どもの頃からだんじりのやぐらの彫刻師に憧れを抱いていました。10年ほど彫刻の修業を積み重ね、2008年に木彫前田工房として独立を果たしました。だんじり木彫の伝統を残して行くために、前田工房は国外にも木彫技術を広めて行くことを目指します。

カロール・バイエンス

もっとも斬新で躍動感あるデザイナーとして知られるカロール・バイエンスは陶器、ガラス細工、織地、家具、家電製品と多岐にわたってデザインを手がけてきました。作品の特徴は丹念な色使いと文様です。詳細への拘りをもって、これまでも数々のアーティストとコラボしてきました。