展示

『原爆:広島長崎から75年』展

25 september t/m 17 januari 2021

De Bom Header Facebook 01 Kopie

シーボルトハウスは 2020 年 9 月 25 日から2021年1月17日まで『原爆:広島長崎から 75 年』と題して展覧会を開催いたします。原爆が人間と環境に残した傷跡とは? 75 年たった被爆地の現在は?今回、この展覧会のために特別に広島平和記念資料館と長崎原爆資料館から被爆品を借用しました。時間が止まってしまった腕時計、焼け焦げた服、溶けた小銭など、被爆地の資料館以外では目にすることのない貴重な史料40点が自ずと原爆の脅威を語ります。

同時に、原爆投下をテーマとした現代作家の作品も同時に展示いたします。

この展覧会は、75年前の原爆投下についてあらためて考える機会になるはずです。ぜひご家族でお運びください。なお、本展覧会は、ライデン市の姉妹都市である長崎市にある国立長崎原爆死没者追悼平和記念館のご協力を得て、実現しました。

入館チケットは当館ホームページからもご購入いただけます。どうぞご利用ください。

Logos De Bom